ニューボーンフォトの撮影に行ってきました.。゚+.(・∀・)゚+.゚大阪市内にお住まいのとっても可愛い天使『そうくん』

皆様、こんばんは!(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)੭✧

初めてサイトをご覧いただいておられる方ははじめまして!(´>∀<`)ゝ

フフベビーフォトのコーディネーター、中賀真衣と申しますm(_ _)m

ニューボーンフォトの出張撮影サービスを開始してからバタバタとしており、なかなかニューボーンフォトの撮影事例をご紹介できておりませんでしたが、そろそろ撮影にお伺いした赤ちゃんたちをご紹介していきたいと思います。

大阪市内にお住まいのご夫婦からご依頼いただき、撮影に伺った天使のような『そうくん』元気いっぱいな男の子で、とても癒されましたよ。゚(ノ∀`)゚。やはり赤ちゃんや子供が大好きなんだなーと感じた撮影でした。

大阪のニューボーンフォト出張撮影に行ってきました。

大阪生まれのそうくん。
とっても可愛い男の子でした。

1月4日に生まれた『そうくん』ですが、ニューボーンフォト特有の丸まったポーズは苦手なようで、とにかく元気いっぱいに天に届けと言わんばかりに手足を大きく伸ばしていました☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ご家族での撮影には、おばあちゃんとパパの妹さんも駆けつけてくれて、撮影した写真を見てとても可愛いそうくんの魅力にメロメロになっていました( ^ω^ )あれだけ可愛ければ当然ですよね★

今回は裸ん坊とクラウン、色味は温かみの中にパープルがママのお好みということで、コーディネートしてきました。
ふわっふわの羊毛に包まれて気持ち良く寝ている様子を撮影。

上記以外に、酉年生まれということでにわとりコスチューム、うさぎさん・パパとツーショット・ママとツーショット・パパママと3人での撮影と5ポーズを収めさせてもらいました。少し眠りが浅かったのか少し泣いて撮影を一旦ストップさせてもらったりしましたが、そうくんはおしゃぶりが好きなようで、授乳を挟むとすぐに眠りについてくれましたよ♪(´ε` )

フフベビーフォトはスタッフ全員がパパやママであり育児経験があります。
新米ママさんのお悩みにもお答えしていますよ( ^ω^ )

撮影前にしゃっくりの止まらない赤ちゃんを見てママがしんどいのでは?かわいそうと心配されていましたが、横隔膜が未発達な赤ちゃんはよくしゃっくりをするものです。部屋が冷えすぎていないか?オムツが濡れて冷えていないか?母乳やミルクを飲むことで、胃や食道の動きが活発になるためその刺激でしゃっくりが出ることがあります。
実は大人が思うほど、赤ちゃんのしゃっくりは苦しくないと言われています。
未発達な赤ちゃんが成長発達をしていく過程の一部なので心配するほどのことではないそうです。
実際にしゃっくりをしながら笑っている赤ちゃんもよく見かけます。
それでも心配なママは、母乳やミルクを与えてあげてみてください。
それだけで以外と止まるものですよ.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ぜひお試しください。

さて、話を戻しますが、私もニューボーンフォトを撮影しておいて本当に良かったなと感じていて、ママ友とも話しているとやっぱり生まれて1週間〜1ヶ月以内の写真が残せていないとのことでした。抱っこしていないと泣く我が子、慣れていない育児にママ自身が満身創痍になっていると、やっと撮影できたのはお宮参りだったなんてことになるそうです´д` ;

生まれてすぐのシワシワの皮膚、柔らかでまあるい手足、ママのお腹にいた頃を彷彿させるポーズは生後3週間ほどしか残せませんので、後で撮っておけば良かった!と後悔する前にプロのカメラマンに将来の子供へのプレゼントとして写真というカタチに残しませんか?

生まれたての赤ちゃんを連れて、スタジオに撮影に行き、授乳やお昼寝も何かと不便なことが多い中、出張で撮影してもらえるサービスを望まれておられるご家族はとても多いようです。

生まれてからだと、予約が取れないことが多いので、出産前に仮予約しておくことをお勧めいたします。
ぜひ生まれてくる我が子に生まれてきてくれてありがとうと、思い出に残しましょう!

撮影の予約をする

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。